2018年5月4日金曜日

「ここで得たもの」 4年 上夷克典








「ここで得たもの」 4年 上夷克典

今回部員ブログを担当します。商学部4年の上夷克典です。



 私は4年生になり、先月には22歳の誕生日を迎えた。

4年間を振り返ると、下級生の頃は怪我が多く、試合にも出れず苦しい時期もあった。私はこう見えて負けず嫌いである。試合に出ている選手を素直に応援できなかった。

2年時のアミノバイタルカップの日本体育大学戦に途中交代で公式戦初出場を果たした。2-2の状況で出場し、2点を奪ったが2失点してしまった。4-4のまま終了し、PK戦へ。私は10番目のキッカーで蹴るはずもないと思っていた。気が付けば10人目。人生で1番緊張した瞬間だったことをまだ鮮明に覚えている。そして、準決勝の早稲田大学戦、初先発だった。結果は1-2で敗戦。それから数試合出場したが、チームを勝利に導くことができなかった。出場機会も減り、苦しい時期が続いた。

そこで私は考え方を変えた。指先を他人に向けるのは、簡単であり時間の無駄である。評価が悪い時は自分に原因がある。その原因を解決することで成長に繋がる。そうすることにより自分のパフォーマンスより、チームの勝利から逆算することができる。これは明治大学体育会サッカー部だからこそ得られた事だと思っている。明治大学体育会サッカー部に入って本当に良かった。

学生生活も残りわずかで、このメンバーでサッカーができる時間も限られている。三冠を達成する為には、11人だけでなく、全員の力が必要である。2018年を最高の年で終えられるように、悔いのないように全てを出し切り、チームを勝たせることが私の使命である。


まとまりのない文章でしたが、最後まで読んでいただき有難うございました。

これからも明治大学体育会サッカー部の応援を宜しくお願い致します。


【過去の記事】
「強くなること」 3年上夷克典

0 件のコメント:

コメントを投稿

「勝負の年」 4年 押本祐輔

「勝負の年」 4年押本祐輔 こんにちは。 今回部員ブログを担当させて頂きます。 明治大学経営学部4年の押本祐輔です。 私がサッカー部に練習参加した初日に、 栗田監督に「なんでうちに入りたいの?」と聞かれた時...