2018年5月18日金曜日

「勝負の年」 4年 押本祐輔




「勝負の年」 4年押本祐輔


こんにちは。
今回部員ブログを担当させて頂きます。
明治大学経営学部4年の押本祐輔です。

私がサッカー部に練習参加した初日に、
栗田監督に「なんでうちに入りたいの?」と聞かれた時
「レベルの高い大学に身を置き、どこまでできるか試したい。」
というのが私の答えだった。

しかし、その時に
「自分の成長の為にプレイする選手は必要ない」
ということを監督から教わった。
それから
「TOPの試合に出て活躍し、周りに影響を与える選手になる」
というのが私の目標になり、それを成し遂げて初めて自分の存在意義があると考えた。

それはピッチ内だけではない。ピッチ外でも影響を与え続けなければならない。
体育会本部委員会委員長に立候補したのもその理由が大きい。
体育会を取りまとめ、1番上に立つことでサッカー部の立ち位置を少しでも上げたい。学校にあらゆる形で貢献していきたい。その想いを持って取り組んでいる。
ピッチ外でも全力で取り組んでいる姿を後輩達に少しでも伝えて影響を与えられるような存在になれればと思っている。

もう1つは応援団長を務めている事だ。
試合になかなか出られない中、4年としてチームに少しでも貢献したい。その想いがあり応援団長を務めている。
私の性格上、リーダーシップを発揮し、最前線で指揮を執るタイプではない。周りとコミュニケーションをとり、協力しながら物事を進めていくタイプの人間であり、他の部員に助けられながら声を枯らしている。

最上級生となった今、ピッチで貢献したいという想いが強い。
同期で試合に出て活躍している人は多く、まだそれを応援する事しか自分には出来ていないのが悔しい。

「TOPチームの試合で活躍する」
この目標から逆算した時、現在STにいる自分は何ができるのか?

その答えは、明日から始まるIリーグでチームを勝たせられる選手になるしかない。答えはシンプルである。
逆に勝たせられる選手にならなければ、TOPの試合で勝たせられる選手には絶対になれない。

Iリーグは目標達成の為の1つの通過点であるが、そこをクリアしないと次には進めない。だからSTの人にとっては大事なステージであると考える。

4年として、チームを引っ張っていく立場にあり、結果で示すだけでなく、チームを勝たせる声がけや振る舞いが必要になってくる。
私はまだまだそこが足りない。4年になったにも関わらず、すぐカッとなってしまう性格が今もあり、文句を言ってチームの士気を下げてしまうようでは後輩に示しがつかない。

それを先日、小野コーチに言われて気付かされた。私はまだ最上級生としての自覚が足りない。
ダメな部分を文句で済ますのは誰でもできる。悪い時にどう修正し、どうやってチームをプラスに変えていくかが今後の自分の課題である。
その課題としっかり向き合い、克服して行く事、そしてFWとしてゴールという形でチームに貢献する事、この2つが必要になる。この2つを意識して、ピッチの上で表現していきたい。

残りわずかの大学サッカー。本当に大好きな明治大学体育会サッカー部にて、マネージャーを含めた1年生〜4年生全員が、明治らしく与えられた立場でチームの為に全員が全うし、12月に笑って終われるよう、残りの時間を大切にしていきたい。


最後まで読んで頂きありがとうございました。



【過去のブログ】


2018年5月14日月曜日

「克己心」 3年 小野寺健也




「克己心」
3年 小野寺健也



こんにちは。
今回部員ブログを担当させていただきます。
商学部3年小野寺健也です。


"克己心"

みなさんはこの言葉を知ってますか?
自分の欲望を抑える心。自制心。という意味。
要するに
己(おのれ)の弱い精神に克(か)つ心。

この言葉はサッカー部を卒業した先輩から最近教えてもらった言葉です。



今年で3年目、チームを引っ張って行く立場になり下級生の頃とは考え方も見方も変わった。
この言葉を聞きた時まさに今の自分に足りないものを表してる言葉だと感じた。

自由な時間が多い大学生活ではたくさんの誘惑がある。
この言葉はサッカーだけに限らず他のことにおいてもとても成長できる鍵になると思う。
練習するのは1日24時間のうち、2時間ほど。
睡眠時間や学校などを抜いても他の約10時間ほどは個人の自由な時間になる。
その時間の使い方は人それぞれ。
昼寝をする人、遊びに行く人、トレーニングをする人..決してどれがダメで良いというものはない。
時にはたくさん遊ぶことも大切だし、睡眠を昼寝で補うのもいいと思う。

しかしそこで大学生活に差が生まれるのではないだろうか。
時間は全員平等に与えられ、練習の時間も同じように与えられている。
いかに他の時間をうまく使うかだ。
疲れたなと思った時でもトレーニングをする、昼寝の時間を短くする、勉強する、本を読むなどと日々いろいろな誘惑に負けることなく自分に打ち勝つことが大事である。

私生活の中でこのようなことを積み上げていけば、ピッチ内においてもレベルの高いプレーヤーになれると思う。
ピッチ内で例えれば、後半疲れて足が止まってくる時、自分のプレーがうまくいかない時、メンタル的な不安を抱えている時、そんな時には自分の限界をもう一つ越えてチームのために汗をかこうと克己心を忘れないことが大事になる。
自分の欲望に負けることなく行動することが人を成長させてくれる。
いい意味で殻を破ることも大切ではないかと思う。
決して人間は成功することは約束されてはいないけど、成長は絶対に約束されているはずだ。


克己心はその人自身の意識次第ですぐに持てるもの。
そしてなにより継続することが一番重要だ。
今回でこの言葉を知って少しでも皆さんに影響を与えることができたら嬉しいです。


まとまりのない文章でしたが、最後まで読んでいただき有難うございます。
これからも明治大学体育会サッカー部の応援をよろしくお願い致します。


【過去の記事】
「住めば都」 1年 小野寺健也
「サンマルク」 2年 小野寺健也

2018年5月11日金曜日

「例えそれが1人だとしても」 2年 狩土名 禅



「例えそれが1人だとしても」 2年 狩土名 禅

こんにちは。
今回部員ブログを担当させていただきます。
文学部 2年の狩土名禅です。
父が言った、常に私の心に響く話があります。
家族と映画を観に実家に帰ると、兄が帰ってきてなかったので父とサッカーの話をしていました。その中で父が言った言葉です。
「サッカーはお金や食っていくためにするスポーツじゃない、ファンを喜ばせるスポーツだ。一週間仕事を頑張って土日の試合を観に行くのを楽しみにしてる人。上司から散々怒られ、帰って妻にも文句を言われながらも土日の試合を観に行くのを待ち望む人。収入が少なく、生活が苦しくてもなんとかして土日の試合を観に来る人。そうゆう人達が禅のプレーを見て笑顔になる事ほど幸せな事はないよ。値段なんか付けられない、何百億、何千億出しても無理だよ。例えそれが1人だとしても。常にファンの為に自分の全てをピッチに残せば必ず人の心に禅が残る、それだけは忘れないでね。」
人の心に残る選手になれるように、この明治大学体育会サッカー部という素晴らしい環境で成長します。感謝の気持ちを忘れずに、サッカーを思う存分楽しみながら今年の三冠に貢献します!是非スタジアムに足を運んでください!
まとまりのない文章でしたが、最後まで読んで頂きありがとうございました。

【過去の記事】
「 Me,Myself,and I 」 1年 狩土名 禅

2018年5月8日火曜日

「初心忘るべからず」 1年 稲見哲行


「初心忘るべからず」1年  稲見哲行
こんにちは。
この度、部員ブログを担当させていただきます。
文学部 文学科 英米文学専攻 一年の稲見哲行です。
初心が大事、などとよく言いますが、世阿弥が生み出したこの言葉が、自分の目標を達成するため、人から物事を学ぶために大事なことだと思います。
プロになりたい、純粋にそう思い明治大学体育会サッカー部に入ろうと決意しました
プロになることは自分の小さい頃からの夢であり、それこそが今まで自分を支えてくれた方々へのなによりの恩返しになることだと思っています。

明治での日々は自分を成長させるには最適な環境です。
しかしその環境で成長するもしないも自分次第。
サッカーだけを頑張るのではなく、何事においても必死で学ぼうと思い全力で取り組めば、自分の成長に繋がる何かは得られると思います。
スポーツをやっている以上、上手くいかない時というのが必ず来ます。
そんな時に「自分の原点に帰る」ことが必要不可欠だと思います。
なぜこの道を選んだのか、それは純粋にサッカーが好きだから、純粋にプロになりたいから。子どもみたいに聞こえるかもしれませんが、自分を突き動かしているものはまさにこの思いです。
自分の原点、立ち返る場所を忘れずに死ぬ気で努力し夢を叶えます。
拙い文章ですが、最後まで読んで頂きありがとうございました。

2018年5月4日金曜日

「ここで得たもの」 4年 上夷克典








「ここで得たもの」 4年 上夷克典

今回部員ブログを担当します。商学部4年の上夷克典です。



 私は4年生になり、先月には22歳の誕生日を迎えた。

4年間を振り返ると、下級生の頃は怪我が多く、試合にも出れず苦しい時期もあった。私はこう見えて負けず嫌いである。試合に出ている選手を素直に応援できなかった。

2年時のアミノバイタルカップの日本体育大学戦に途中交代で公式戦初出場を果たした。2-2の状況で出場し、2点を奪ったが2失点してしまった。4-4のまま終了し、PK戦へ。私は10番目のキッカーで蹴るはずもないと思っていた。気が付けば10人目。人生で1番緊張した瞬間だったことをまだ鮮明に覚えている。そして、準決勝の早稲田大学戦、初先発だった。結果は1-2で敗戦。それから数試合出場したが、チームを勝利に導くことができなかった。出場機会も減り、苦しい時期が続いた。

そこで私は考え方を変えた。指先を他人に向けるのは、簡単であり時間の無駄である。評価が悪い時は自分に原因がある。その原因を解決することで成長に繋がる。そうすることにより自分のパフォーマンスより、チームの勝利から逆算することができる。これは明治大学体育会サッカー部だからこそ得られた事だと思っている。明治大学体育会サッカー部に入って本当に良かった。

学生生活も残りわずかで、このメンバーでサッカーができる時間も限られている。三冠を達成する為には、11人だけでなく、全員の力が必要である。2018年を最高の年で終えられるように、悔いのないように全てを出し切り、チームを勝たせることが私の使命である。


まとまりのない文章でしたが、最後まで読んでいただき有難うございました。

これからも明治大学体育会サッカー部の応援を宜しくお願い致します。


【過去の記事】
「強くなること」 3年上夷克典

2018年5月1日火曜日

「念ずれば花開く」 3年 岡郁樹






念ずれば花開く」 3年 岡郁樹

こんにちは。
今回部員ブログを担当させていただく
政治経済学部3年の岡郁樹です。
あっという間に明治大学3年目になりました。

今回は私が小さい頃から母が口にしていた言葉の「念ずれば花開く」という言葉について書きたいと思います。

私の記憶だと、小学生の頃から何かを諦めようとしていたとき、苦しいときにこの言葉を母親からかけてもらっていました。

正直なところ、この言葉の意味は当時の私にはわかりませんでした。
この言葉は「ただ念じていれば、じっとお願いをしていれば、夢がかなう」という意味ではなく、
この言葉の本当の意味は、
「何事も一生懸命に祈るように努力をすれば、自ずから道は開ける、夢や目標がかなう。」
という意味合いを持っています。

この意味を今ならばしっかりと理解することができます。
人生の中で思うように物事が進まないこと、辛いこと、悲しいことなどが立ち塞がります。

しかし、そのようなことに邪魔をされて念ずることをやめてしまえば、綺麗な花が開くところを見ることができないのです。
つまり、沢山の障害で努力することをやめてしまえば、夢や目標を達成することは絶対にないということです。
私の人生にはこれからも沢山の辛いことや苦しいことが待っていると思います。

しかし、この母親からもらった大切な言葉を胸に花が開くことを信じて念じ続けたいと思います。

まとまりのない文章でしたが、最後まで読んで頂きありがとうございました。



【過去のブログ】

「勝負の年」 4年 押本祐輔

「勝負の年」 4年押本祐輔 こんにちは。 今回部員ブログを担当させて頂きます。 明治大学経営学部4年の押本祐輔です。 私がサッカー部に練習参加した初日に、 栗田監督に「なんでうちに入りたいの?」と聞かれた時...